大学で資格取得すれば就職率は高くなる?

幼稚園に就職するだけであれば、大学でも短大でも就職率に大きな差はありません。ただし、園長になりたいなど将来の目標があるならば、大学を卒業した方がキャリアアップに有利です。

幼稚園教諭の資格取得までに関する疑問を解消!

幼稚園教諭と保育士とはどう違うの?

どちらも国家資格であることは変わりありませんが、幼稚園教諭の管轄は文部科学省、保育士の管轄は厚生労働省です。つまり幼稚園教諭は園児を教育することを目的とし、保育士は保育することを目的とします。

幼稚園教諭の資格取得ルートを教えて下さい

大きく2種類のコースがあります。1つは指定された4年制大学や短大などを卒業すること、もう1つは保育士資格を取得してから幼稚園教員資格認定試験を受ける方法です。

保育士が幼稚園教諭免許の資格を取るには?

2つの方法があります。1つは幼稚園教員資格認定試験を受験して合格する方法です。もう1つは期間限定の幼保特例制度を活用する方法です。

国が認定した大学や短大や専門学校を出ていなくても免許は取得できますか?

高卒で20歳以上、さらに保育士として3年以上の実務経験ある場合、教員資格認定試験に合格することで幼稚園教諭の2種免許が取得できます。

幼稚園教諭の専修免許とは何ですか?

専修免許とは、幼稚園教諭普通免許状に分類されている一番上の免許状です。これは文部科学省が認定した大学院を修了することで得られます。多くのことを学んで得られる資格ともいえます。

資格は教育課程により異なる

大学生

取得することができる資格というのは、教育課程によって少し異なっています。幼稚園教諭の資格を取得できるのは、短大、大学、それに大学院の課程を修了、もしくは在籍している学生が該当しますが、それぞれに資格が異なっていて、それによって給与面などの待遇が異なってきます。もちろん、一番待遇面で優れているのは大学院の課程を修了した人ですが、必ずしも大学院を終了しなければならないというわけではありません。短大さえ出ておけば、幼稚園教諭二種免許を取得することができ、晴れて私立幼稚園の先生として働くことが可能です。他方で、大学以上の教育課程を終了しておくことで、一種免許状や専修免許状が取得でき、公立幼稚園で働くことができます。

短大では実習を強化している

男女

最近では大学へ進学する学生が増えているとはいえ、なるべく早く社会に出て幼稚園教諭として仕事をしたいという人には、やはり短期大学が最短コースとなっています。短期大学では、学生を早くから現場に慣れさせるという目標を掲げ、実習に力を入れています。早いところでは、短大の1年次から実習がスタートし、最長で1年間の実習がカリキュラムに組み込まれているところもあります。早く現場に慣れることで、仕事の感覚をつかめるのがメリットです。

広告募集中